ホテルぽんと(京都)

東福寺の燃えるような紅葉

2018年10月10日

東福寺の渓谷に架けれた偃月橋・通天橋・臥雲の3つの橋は、「東福寺三名橋」と呼ばれています。
偃月橋は、1603年(慶長8年)に建築された単層切妻造・桟瓦葺きの木造橋廊で「日本百名橋」の一つといわれ重要文化財にも指定されています。また通天橋は、仏殿・方丈から開山堂に至る渓谷「洗玉澗」に架けられた橋廊で1380年(天授6年)に谷を渡る労苦から僧を救うため架けたと伝えられています。
京都でも指折りの紅葉の名所と知られる東福寺。中でも通天橋からの眺めは、眼下いっぱいに広がる2000本もの紅葉は類を見ないほどの美しさを誇ります。
ホテルぽんと近くの四条河原町からバスがあるので、紅葉狩りには最適です。