ホテルぽんと(京都)

京都で最も有名なミュージアムは、と聞かれたら、まず挙げられるのが【京都国立博物館】ではないでしょうか。
明治30年(1897)に帝国京都博物館として開館し、日本や東洋の古美術品や考古資料など所蔵品・寄託品あわせ約14,000件の文化財を収蔵されています。
敷地には、2つの展示施設があり、ひとつは特別展覧会の会場となるレンガ造りの建物でおなじみの「明治古都館」。そして2014年に新たにオープンした博物館のコレクションを中心とした平常展を開催する「平成知新館」です。歴史を感じさせるレトロな洋館と、最先端の技術と和のテイストを融合させた現代的な建物が隣り合う、過去と未来を同時に感じさせる空間となっています。
ホテルぽんとからは、京阪電車や市バスで気軽に行ける距離なので是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

みなさん冬の京都を訪れたことはありますか?他の季節とはまた違う、趣ある景色などを楽しむことができます。
冬観光で是非見ておきたいのが、雪化粧をした寺社仏閣の姿。金閣寺や清水寺といった有名寺院が銀世界の中に佇む姿は最高に美しいです。
また貴船神社では1月〜2月の間、雪の日のみ夜間ライトアップが実施されます。ただでさえ幽玄な雰囲気の境内が、雪に反射するライトの光に包まれる姿は幻想的のひと言です!誰もが息を呑む景色が味わえます。
冷たく澄んだ空気の中にワビサビを感じられる冬の京都観光には、交通に便利なホテルぽんとを是非ご利用ください。

京都タワーで毎年恒例の「元旦初のぼり2019」が開催されます。
地上100mの展望室から初日の出の瞬間を見る事ができ、展望室にある「たわわちゃん神社」では初詣も!
オリジナルの「たわみくじ」や「たわわちゃん絵馬」の奉納も楽しめるので、2019年の始まりを京都タワーで過ごしてみてはいかが?
地下のタワー浴場では初風呂も用意しているので、元旦は初日の出と一緒に楽しんでいただけます!
京都駅はもちろん、初詣にお勧めの寺社仏閣にも近い、ホテルぽんとに是非おこしください。

12月8日(金)〜17日(日)の10日間開催される京都・嵐山花灯路。紅葉シーズンの終わりと共に嵐山一帯が光で彩られます。
嵐山から北嵯峨野まで、冬の花灯路は幻想的な空気に包まれ新しい京都の魅力を感じさせてくれます。
渡月橋は黄金色にライトアップされ、大堰川の水面がその姿を優雅に映し出し、定番の人気スポット「竹林の小径」の竹林を照らすイルミネーションも侘び寂びの趣きを感じさせます。
夜間拝観を実施している寺社もあり見所いっぱいの嵯峨嵐山。是非、冬の京都を堪能してみてください。
嵐山までは、三条京阪から京都バスがご利用できますので、ホテルぽんとからもアクセスが便利です。

京都水族館で生まれた11羽のペンギンでアイドルペンギンユニット「MIYA-CCO(ミヤッコ)」が結成され、そのセンターを決定する「LOVE推しペン超選挙」が10月から開催されています。
期間中、出羽するペンギンのプロフィールを公式ウェブサイトで紹介されたり、ペンギン各々のInstagramアカウントが新設され、個性や魅力などの情報を発信したりと、それぞれのペンギンの個性が押し出された、ペンギン愛あふれるイベントとなっています。
もうすぐ締め切り間近です!あなたの推しペンは見つかりましたか?
ホテルぽんと近くの四条河原町から京都水族館前バス停まで、乗り継ぎなしで会いにいけますよ。

幕末がお好きな方にお勧めなスポットをご紹介いたします。
京都市上京区石薬師門から御苑を出てしばらく南に向かったところに大久保利通旧邸跡があります。大久保利通は1866年からの4年間、この地に邸宅を構えておりました。1861~63年に上洛して以降、しばしば京都に滞在し、西郷、桂らと共に、薩長同盟を進め、また岩倉具視らと討幕のための朝廷工作に奔走し、大政奉還から王政復古に尽力しました。西郷隆盛の幼なじみであり、親友でもある大久保利通の邸宅跡を大河ドラマの世界観に浸りながら散策されてはいかがでしょうか?

東福寺の渓谷に架けれた偃月橋・通天橋・臥雲の3つの橋は、「東福寺三名橋」と呼ばれています。
偃月橋は、1603年(慶長8年)に建築された単層切妻造・桟瓦葺きの木造橋廊で「日本百名橋」の一つといわれ重要文化財にも指定されています。また通天橋は、仏殿・方丈から開山堂に至る渓谷「洗玉澗」に架けられた橋廊で1380年(天授6年)に谷を渡る労苦から僧を救うため架けたと伝えられています。
京都でも指折りの紅葉の名所と知られる東福寺。中でも通天橋からの眺めは、眼下いっぱいに広がる2000本もの紅葉は類を見ないほどの美しさを誇ります。
ホテルぽんと近くの四条河原町からバスがあるので、紅葉狩りには最適です。

安井金比羅宮では、毎年9月の第4月曜日の午後1時から「櫛まつり」が開催されています。使い古した櫛やかんざしに感謝を込めて供養するお祭りで、美容美顔髪に御利益があります。2時からは時代風俗行列巡行も行われるので伝統的な髪型を見ることができますよ。
境内には大きな「縁切り縁結び碑」があり様々な願いが書かれた形代が貼られて碑が見えないほどです。願いのある方は是非!
京阪本線「祇園四条」駅から徒歩10分なので、ホテルぽんとからも少し散歩しながら行ってみてください。

今年の大河ドラマ「西郷どん」を楽しんでおられる方も沢山いらっしゃると思います。その西郷さんと縁のある場所を紹介いたします。
京都駅の南側にある世界遺産・東寺。1868年に鳥羽伏見の戦いにおいて、淀方面から御所に向かって進軍する幕府軍に対し、薩摩軍は東寺に本営をおきました。
西郷隆盛は、戦況を把握し指示を出すために、この東寺の五重塔に登ったといわれています。両軍が激突したのは、南へすぐの鳥羽街道「小枝橋」でした。
もし幕府軍が突破していたら、今の美しい東寺は見れなかったかもしれませんね。
東寺には京都駅から徒歩で参れますので、ぽんとにお越しになる前に是非立ち寄ってみてください!

TVでよくご覧になっている嵐山の渡月橋や竹林を実際に体感しにいらしてください。爽やかな風を感じる今の季節が一番オススメです。
長い距離を歩くのが大変な方には人力車はいかがでしょうか?車夫たちはガイドブックに載っていないような情報も詳しく教えてくれます!
ランチには有名な湯豆腐を食べてみてください。「湯豆腐嵯・峨野」は美しい庭を眺めながらほっこりできますよ。
新緑の嵐山はどこを撮ってもインスタ映えすること間違え無しです!
嵐山までは、三条京阪から京都バスがご利用できますので、ホテルぽんとからもアクセスが便利です。